須賀川市・郡山市・白河市・石川郡・玉川村・鏡石町・矢吹町・天栄村 で痛みに困ったらご相談ください!

坐骨神経痛~あなたの辛さの原因はこれかも~

2018/08/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
柔道整復師!鍼師!!灸師!!!のトリプル国家資格を持つ男。カイロプラクティックも学んだことで、その施術の着眼点は広く症状原因の追及にこだわりを持って臨床に当たっている。「目指せ、健康長寿市須賀川!」と息巻いている。
Pocket

こんにちは!
須賀川整体院の佐藤です。

今回はご存知の方が多く、起きやすい症状である坐骨神経痛の原因とセルフケアについてお話していきます!

坐骨神経痛

・家事や仕事など長時間立ちっぱなし、座りっぱなしの時にお尻周りや足の後ろ側が痺れてくる
・じっとしてても足の後ろ側に違和感がある
・お尻周りが常に重だるい

といった症状があります。

一般的に原因とされるもの

・ヘルニアや変形性脊椎症などの腰の疾患
・坐骨神経が梨状筋によって絞扼される

などが多いと言われています。

ですが、、、

当院の考え方

日々の疲労の蓄積で、内臓が下垂してしまい1番下にある子宮に負担がかかります。
子宮が硬くなると内転筋群が緊張して膝が内側に入り『内股』になりやすくなってきます。
膝が内側に入ってくる事で、梨状筋が引っ張られ緊張してきます、その近くを通る坐骨神経が梨状筋の緊張で圧迫されて症状を引き起こします。

という場合や、

肝臓や胃の下垂、もしくは水分不足により腎臓に負担がかかります。すると、体の後ろのライン(首~アキレス腱)にかけて筋肉が緊張します。
体の後ろ側の筋肉が緊張する事で、座るなどで筋肉が伸ばされたり立ちっぱなしで長時間筋肉を使っていると、坐骨神経を圧迫して症状を引き起こします。

という流れで症状が起きてくると考えています。

 

内臓疲労が及ぼす体の不調の目安

腎臓であれば、体幹の前屈が硬い

子宮であれば、開脚が苦手、アキレス腱が硬い

といったことが起きます。

 

セルフケア

・腎臓であればしっかり水分を取る

・子宮であればお腹を冷やさない

などとなります。

症状でお困りの方は、こちらのセルフケアを試してみてください。

続けてみたけど、症状に変化が無いという方は是非一度当院にご相談ください。

 

 

 

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
柔道整復師!鍼師!!灸師!!!のトリプル国家資格を持つ男。カイロプラクティックも学んだことで、その施術の着眼点は広く症状原因の追及にこだわりを持って臨床に当たっている。「目指せ、健康長寿市須賀川!」と息巻いている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 体の内側から改善する!須賀川整体院 , 2018 All Rights Reserved.