須賀川市・郡山市・白河市・石川郡・玉川村・鏡石町・矢吹町・天栄村 で痛みに困ったらご相談ください!

なぜ【腰椎すべり症】は腰椎同士が滑ってズレてしまうのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
柔道整復師!鍼師!!灸師!!!のトリプル国家資格を持つ男。カイロプラクティックも学んだことで、その施術の着眼点は広く症状原因の追及にこだわりを持って臨床に当たっている。「目指せ、健康長寿市須賀川!」と息巻いている。
Pocket

こんにちは。

須賀川整体院の佐藤です!

今回は腰椎同士が滑るようにズレてしまう「腰椎すべり症」の原因と症状、そしてセルフケアについてお話していきます。

腰椎すべり症って何?

その名の通り、上の腰椎が下の腰椎に対して前方に滑ってしまうものをいいます。

その結果、椎体によって脊柱管内にある脊髄を圧迫し腰痛や足の痛み、痺れ、重だるさといった神経症状を引き起こします。(脊柱管狭窄症)

腰椎すべり症には大きく分けて2種類あり、

 

それぞれの背骨を繋げている部分が分離してしまう「分離すべり症」とそれぞれの背骨の分離はなく、椎体と椎体の間にある椎間板の変性が原因で起こる「変性すべり症」です。

分離すべり症は、腰椎を骨折して連続性が断たれてしまった状態になり(腰椎分離症)、時間が経って連続性がない部分で腰椎同士が滑ってしまった状態です(腰椎分離すべり症)。

骨の成熟が完成していない成長期に激しいスポーツをして、腰椎の疲労骨折を起こしてしまい、そのままくっつかずに分離した状態になってしまう事が多いです。

変性すべり症は、椎体と椎体の間にある椎間板や椎間関節が加齢に伴って変性してしまい、その部分で滑ってしまった状態です。

どちらも脊髄を圧迫するのであまり症状に違いはありません。

ですが、すべり症だからといって必ず症状があるとは限りません。

むしろ症状を感じていない人の方が多いくらいです!

症状はどんなものがあるのか?

・歩行時や立っている時にお尻周りから足にかけての痛みや痺れ

・歩いていると症状が強くなり、少し休むと症状が落ち着く(間欠性跛行)

・前かがみになると症状が落ち着く

・神経の圧迫による、強い腰痛と臀部~足にかけての痛み痺れ

腰椎が滑ってズレた結果、脊柱管狭窄症を引き起こすので、症状は脊柱管狭窄症と同じものが多いです。

ちなみにこれらの症状は腰椎すべり症の方にみられる特徴的な症状であって全てではありません。

腰椎のバランスが崩れるといことは、その上の胸椎や頸椎に歪みや硬さを起こすので首、肩、腕など上半身にも多くの症状を引き起こします。

脊髄の圧迫で自律神経の働きが極端に悪くなると、排尿や排便に障害が出てきて、体の中に不要物質が蓄積し危険になる場合も、、、

そこまで症状がひどい場合は即手術になりますね。

セルフケアはこちらを試してみてください!

腰椎すべり症は、下の腰椎が後方に上の腰椎が前方に引っ張られることで滑ってしまい症状が強くなります。

という事は、その動きに関与する筋肉が緊張するとより負担がかかるという事!

そして、内臓の下垂や膜の緊張が起きてくると背骨への負担が大きくなってしまう。

そのため、この2つに対してのケアが重要になってきます。

まずは筋肉のケア

腸腰筋のストレッチ

大臀筋のストレッチ

大腿四頭筋のストレッチ

内転筋のストレッチ

広背筋のストレッチ

(上部)

(下部)

内臓のケア

内臓が硬くならないようにお腹の冷え対策

内臓下垂の予防・改善

腹横筋のトレーニング(お腹周りのコルセット)

※ 動画を撮影し後日UPさせて頂きます。

まずはこれらを試してください。

試したけれど症状が変わらなかった。もしくは、試そうとしたけど痛みが強く出てしまったという場合には、無理にやらず、一度当院にご相談くださいね。

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
柔道整復師!鍼師!!灸師!!!のトリプル国家資格を持つ男。カイロプラクティックも学んだことで、その施術の着眼点は広く症状原因の追及にこだわりを持って臨床に当たっている。「目指せ、健康長寿市須賀川!」と息巻いている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 佐藤の須賀川整体院 , 2018 All Rights Reserved.