須賀川市・郡山市・白河市・石川郡・玉川村・鏡石町・矢吹町・天栄村 で痛みに困ったらご相談ください!

こんな腰痛は子宮が原因かもしれません!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
柔道整復師!鍼師!!灸師!!!のトリプル国家資格を持つ男。カイロプラクティックも学んだことで、その施術の着眼点は広く症状原因の追及にこだわりを持って臨床に当たっている。「目指せ、健康長寿市須賀川!」と息巻いている。
Pocket

こういった生活習慣の方は子宮に負担が掛かっています!

・デスクワークで座りっぱなしが多い

・立ちっぱなしでふくらはぎが張ったり、疲れが溜まる

・薄着で寝てしまう

・湯船に浸からずシャワーで済ませてしまう

こういった生活の方は子宮に負担が掛かり腰痛を引き起こします。

なぜ子宮へ負担が掛かると腰痛を引き起こすの?

 

それは、子宮腰椎の5番が膜や靭帯組織などで密接につながっているためです!

 

では、なぜこれらの生活が子宮に負担を掛けるのでしょう。

1.子宮は負担が掛かりやすい位置にある

まず、子宮は骨盤の中でも一番下にあります。

膀胱直腸によって前後から挟まれていて、上には他の臓器があります。

そのため、座りっぱなしなど下腹部に圧力が掛かった時に逃げ場がないので、その圧力がそのまま子宮に掛かります。

その結果、子宮への血流が悪くなってしまうので、子宮が歪んでしまったり、硬くなってしまいます!

 

2.筋肉との繋がり

立ちっぱなしや前傾姿勢が多い方は、ふくらはぎもしくはアキレス腱が張ってしまったり、疲れがたまり易かったりしますよね?

アキレス腱はふくらはぎを構成している腓腹筋やヒラメ筋が腱としてまとまる部分です。

このアキレス腱は子宮との関係が強いため、アキレス腱に負担が大きい生活の方は子宮にも負担が掛かっていると考えてください。

ちなみに、内転筋も子宮と関係しています。

そのため、デスクワークで常に脚を閉じている方O脚の方は内転筋が緊張してくるため、子宮への負担も大きくなります。

 

3.子宮は冷えに弱い

子宮は内臓の中でも、特に冷えに弱いです。

そのため、上に書いたように体を冷やす、もしくは温めない生活が多い方は子宮への負担が大きいことになります!

あ、あとは飲み物にガンガン氷を入れたりと、冷たい飲み物を好む方も体を冷やす原因になるので気をつけてくださいね。

 

こういった生活をしている方の中で、

・腰の下の方が痛い

・寝起きや体が冷えた時に腰痛が増す

と言った方は、ほぼ100%子宮の問題と言っても良いでしょう。

 

当てはまった方は、まず次のセルフケアを試してみてください。

子宮への負担を減らすセルフケア

 

子宮と関係する筋肉のストレッチ

内転筋とアキレス腱ですね。

負担が掛かりやすい、緊張している筋肉はまずはストレッチ!

こちらは動画をあげておきますので、動画を参考にやってみて下さい。

・アキレス腱

 

・内転筋

 

子宮の冷え対策

1.毎日しっかり湯船に浸かる

出来れば胸の下までの高さ(半身浴)で10〜15分浸かりましょう

2.寝る時には、腹巻きもしくは湯たんぽを抱えて寝る

寝ている時は代謝も下がるため、特に身体が冷えやすいです。

お腹をとにかく保温保温!

3.日中も冷えを感じたり、寒い環境にいる場合には下腹部(恥骨の上)ホッカイロを貼

 

 

もし、これらのセルフケアを試してみたけれど症状に変化がない場合には、子宮の問題が強いか別の部分に問題がある可能性があります。

 

そう言った方は是非一度当院にご相談下さいね!!

 

 

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
柔道整復師!鍼師!!灸師!!!のトリプル国家資格を持つ男。カイロプラクティックも学んだことで、その施術の着眼点は広く症状原因の追及にこだわりを持って臨床に当たっている。「目指せ、健康長寿市須賀川!」と息巻いている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© sasukene 佐藤's BLOG , 2019 All Rights Reserved.