須賀川市・郡山市・白河市・石川郡・玉川村・鏡石町・矢吹町・天栄村 で痛みに困ったらご相談ください!

産後の骨盤に必要な施術はなにか?

2018/08/17
 
須賀川整体院、赤ちゃん、産後ママ
この記事を書いている人 - WRITER -
柔道整復師!鍼師!!灸師!!!のトリプル国家資格を持つ男。カイロプラクティックも学んだことで、その施術の着眼点は広く症状原因の追及にこだわりを持って臨床に当たっている。「目指せ、健康長寿市須賀川!」と息巻いている。
Pocket

産後って骨盤矯正は必要なの?

「産後の骨盤矯正」という言葉はもう常識かのように定着していますよね。

出産後は骨盤矯正を受けないといけない、という強迫観念すら感じてしまうほどに情報が発信されています。この記事を読んで頂いているあなたも骨盤矯正を受けるかどうか迷っているなら最後まで読んでいただきたいと思います。

 

本当に骨盤矯正が必要なのか?

 

 

上の記事でも書いたのですが、必ずしも必要ではありませんよ。骨盤自体に問題がある場合に必要になるだけです。

産後は必ず骨盤に問題があるのでしょうか?そんなことはありません。

たとえばこんな例、、、

帝王切開で出産した。
母乳の出が悪い。
妊娠中の腰痛がひどかった。
妊娠中、逆子を繰り返した。
切迫早産だった。

 

というような時は、骨盤の状態が思わしくない可能性がありますけどね。

 

明らかな症状、たとえば「腰や股関節がつらい」とか「足がつりやすい」とかの自覚があるなら治療院で相談すれば良いと思います。そこで骨盤の影響があれば黙っていても骨盤にアプローチしますから。

 

出産後に骨盤が開いて「下半身がやせない」とか「慢性的な肩こり腰痛になった」とか「猫背になった」とかは骨盤矯正を受けたからってそう変わらないです。ちゃんと原因をみつけないとです。

 

骨盤が開くのは本当?

これは本当です。ただ、開き方に誤解が多いので説明します。

骨盤ってこんな形です。中央の仙骨と両側の寛骨(腸骨×坐骨×恥骨)から出来ています。妊娠中に開く部分が恥骨結合と呼ばれる靭帯部分。

仙腸関節部分は開きはしないので、前側だけ開く状態になります。観音開きの状態ですね。だから、臨月近くになるとこの恥骨結合部分に指が入るスペースがあって不安になる方もいますが問題ないです。

 

閉じるのに他人の力が必要なのか?

いえいえ、人間の体は上手くできていますので勝手に閉じますよ。他人の力が必要だとしたら、あなたのご両親の時代から「骨盤矯正」って言葉が定着していたはずですからね。

自然分娩での出産後24時間で子宮は収縮し元の大きさになります。それに合わせて開いた恥骨結合部分も戻ってくると言われます。ただし、恥骨結合部の靭帯組織はゆるゆるのままなので不安定な状態が続きます。

赤ちゃんが母乳を吸うことで母体のホルモンが分泌し、靭帯に作用して硬さを取り戻すそうです。その期間が約半年かかります。だから、この期間は骨盤が不安定な状態なので骨盤ベルトを巻きましょうと言われるんです。

 

骨盤の倒れ(傾斜)も大事です!

一般的に腹筋と呼ばれている筋肉がこれ「腹直筋」です。妊婦さんによってはここが左右に離開しちゃうこともあります。妊娠中におなかが大きくなるにつれてこの腹直筋も伸びていきますので、産後は機能が低下します。だから仰向けから起き上がれなくなるんですね。

 

骨盤の傾斜を保つ

上の絵を見ると恥骨から胸骨・肋骨に筋肉がくっついていますよね?腹直筋は常日頃から骨盤と胸は離れてしまわないように働いてる筋肉でもあるんです。

これが緩むと、骨盤は前傾(前に倒れる)しますので反り腰の状態になってしまいます。そんな状態で抱っこや授乳などを繰り返すことで腰痛や肩こりが起きやすくなります。

 

 

骨盤底筋群も関係します

ピラティスのブームでだいぶ広まってきた「骨盤底筋群」も骨盤の傾斜に関係します。ただし、この筋群は子宮の状態が良くなければトレーニングをしても上手く機能できない筋肉。なのでやみくもにトレーニングしても効果が期待できないかもしれません。

他にも尾てい骨と恥骨をつないでいる靭帯や骨盤周りの筋肉の影響もあるので、どこに問題が起きているか?その原因はなにか?の見極めが「産後ケア」では大事になります。

 

自律神経の乱れ

 

↑ クリックで拡大

 

産後は赤ちゃんの泣き声に過敏になっていると思います。旦那さんは平気で寝ていて自分だけが何回も起きるなんて話もよく聞きます。

そういった状態が続くと交感神経が強くなっていくので体はさらに休まらなくなります。消化器の働きも悪くなり、脊椎(背骨)も硬くなってしまいます。また、肋椎関節(背骨と肋骨の関節)もカチカチになり呼吸が浅くなってしまいます。

背骨が硬い状態で前かがみの姿勢をすれば、おのずと骨盤に負荷がかかるのでより問題が強まってしまいます。

少なくとも入浴の時間は作れるように配慮してもらいよく体を温めるようにしてください。温めることでリラックスし副交感神経が優位になりますので、、、

 

 

おなかの整体でできること

上記のように色々な問題を抱えている産後のお体に当院のおなかの整体でできることは、症状の原因を見つけ出し根本的な解決に導くことです。

「背骨・骨盤の動きのチェック」

「内臓の機能性のチェック」

これが基本になります。原因が骨盤自体にあればその矯正もしますし、内臓側に原因があればその臓器の調整もします。

 

施術側の技術に患者様を当てはめていくのではなく、患者様の症状と原因に対して必要なアプローチを施術側が選択して施す。という施術側の柔軟性と技術の幅も症状の早期解決には必要かと考えています。

「他院で骨盤矯正を勧められて受けたけど何も改善しなかった」という方も多くご来院されています。あなたの症状もあきらめずにご相談いただけたらと思います。

 

 

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
柔道整復師!鍼師!!灸師!!!のトリプル国家資格を持つ男。カイロプラクティックも学んだことで、その施術の着眼点は広く症状原因の追及にこだわりを持って臨床に当たっている。「目指せ、健康長寿市須賀川!」と息巻いている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 体の内側から改善する!須賀川整体院 , 2017 All Rights Reserved.