須賀川市・郡山市・白河市・石川郡・玉川村・鏡石町・矢吹町・天栄村 で痛みに困ったらご相談ください!

デスクワークのコレが原因で【腰痛】になる!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
柔道整復師!鍼師!!灸師!!!のトリプル国家資格を持つ男。カイロプラクティックも学んだことで、その施術の着眼点は広く症状原因の追及にこだわりを持って臨床に当たっている。「目指せ、健康長寿市須賀川!」と息巻いている。
Pocket

・腰が気になって仕事に集中出来ない

・デスクワーク中、気づけば腰を叩いている

・長時間のデスクワーク後に腰に両手を当て動かしている

・仕事後の腰の痛みや重だるさ、違和感を寝るまで引きずっている

今までにこういった経験はないですか?

デスクワークといえば、

腰痛や肩こりを感じる方が多くいらっしゃいます。

そのため今回は、

デスクワークで腰痛になる原因と簡単なセルフケア

についてお話していこうと思います!

デスクワークといえば

椅子に座って机と対面しての長時間作業ですよね?

画面を見てキーボードを打ったり、字を書いたり、電卓を打ったりと手先の細かい動きもします。

そして、動きが少ない状況での作業になるので、血流が悪くなり、筋肉や関節なども固くなりやすい!

そりゃもちろん不調も起きますよ。

デスクワークをしていると体はこうなる

1.胸郭の動きが悪くなり呼吸が浅くなる

デスクワークをしていると、気をつけていても次第に背中は丸くなり肩は内側に入ってきます。その状態での長時間作業は胸郭周辺の筋肉を緊張させてしまい、結果として胸郭の動きが悪くなります。

それと、背中が丸まった状態では呼吸の際に横隔膜が十分に動けないため、浅い呼吸になってしまいます。

そして、胸郭の動き、横隔膜の動きが悪くなると、背骨の胸椎の動きが悪くなってしまうため、腰椎に負担をかけるようになります。

2.指先を動かす筋肉を緊張させる

最初にも言いましたが、デスクワークでは手首や指をたくさん使います。手首や指を動かす筋肉は肘から先についているのですが、胸郭周辺の大胸筋や小胸筋が硬くなっていると、手先への血流が悪くなるため指や手首を動かす筋肉は緊張しやすくなります。

肘から先の筋肉なので腰とは関係ないようにも見えますが、実はこれらの筋肉の緊張も腰痛と関係してくるんです!

3.内臓が下垂し硬くなる

そしてそして、椅子に座って、背中が丸まった状態で長時間作業をするという事は、お腹が長時間圧迫されているという事!

そうなると、内臓への血流も悪くなるため、圧迫された内臓はその状態で硬くなってしまいます。

内臓が硬くなってしまうと、胸椎や腰椎の動きがさらに悪くなってしまうし、下半身のむくみにも繋がってきます。

こういった状態になる事で、

結果、腰痛を引き起こす事になってしまうんです!

腰痛にならない為のセルフケア

重要なのは、

・背中が少しでも丸まらないする

・肘から先の筋肉が緊張しないようにする

・長時間の座りっぱなしでお腹を硬くならないようにする

この3つがポイントです!

背中が丸まらないようにする為には、背もたれの有効活用が1番。

背もたれを使わずに丸めないのがベストではありますが、相当意識が高くないとキープなんで難しいです。

なので、椅子に深く腰掛け、背中が丸まらないように背もたれに寄りかかっちゃいましょう。

背もたれと腰の間にクッションを挟めると、より効果的ですね。

 

肘から先の筋肉に関してはストレッチ!

・前腕屈筋群のストレッチ

・前腕伸筋群のストレッチ

これらのストレッチを仕事の合間合間に行ってください。

 

そして、お腹を硬くしない為には、座りっぱなしにならず、定期的に立って足を動かす。

動かし方としては、膝をへその高さまであげる動きを計20~30回行いましょう。

その動きでお腹の中の大腰筋という筋肉を使う事ができます。

1~2時間に一度行えると良いですね。

トイレ休憩などを上手に使ってください!

 

以上がセルフケアになります。

・背中を丸めていないと辛い

・筋肉が硬すぎてストレッチが全然出来ない

・足がへそまで上がらない

といったように、

セルフケアが全然行えない場合には、

問題が強く、調整が必要になります。

そういった場合には、当院にご相談くださいね。

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
柔道整復師!鍼師!!灸師!!!のトリプル国家資格を持つ男。カイロプラクティックも学んだことで、その施術の着眼点は広く症状原因の追及にこだわりを持って臨床に当たっている。「目指せ、健康長寿市須賀川!」と息巻いている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 佐藤の須賀川整体院 , 2018 All Rights Reserved.